複数あるキャッシングの申込みパターンについて

複数あるキャッシングの申込みパターンについて解説します。

 

キャッシングの申込みには、一般的に以下の3つのパターンが存在しています。

  1. 実際に店舗に赴いて行う申込み
  2. 各所に設置されている自動契約機を用いた申込み
  3. インターネットを用いた申込み

 

それぞれのキャッシングの申込みパターン

まず@の申込みパターンについてですが、この方法はあまりお勧めできません。確かに電話では話しにくいようなことまで相談できるというメリットもあるのですが、近年はこういった店舗は減少傾向にあり、生活圏内に存在していない場合が非常に多く、来店という行為そのものに大きな労力がかかってしまいます。また非常に他の人の目につきやすいというデメリットもありますし、肝心の審査スピードも他の2つのパターンと比較してそれほど速いとは言えません。よほどの事情がない限りは、他の2つを選択したほうが賢明であると言えるでしょう。

 

では、AとBのどちらを選択すべきかというと、どちらの申込みパターンにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、一概にはこれと決めつけることは出来ません。まずAの自動契約機を用いたパターンですが、これはカード発行がその場で行われるため非常にスムーズでであり、なおかつATMでの借入れがすぐに可能なため、スピード面や対応力の面では他の手段に大きく勝ります。ただ、この方法は審査中、自動契約機の周囲で待機する必要性があるため、その間は他の人の目が気になってしまうかもしれません。

 

また自動契約機の設置数は店舗数に比べると遥かに多いものの、街中ではなく郊外に設置されている場合も多いので、@ほどではないにせよ、やはり多少の労力が掛かってしまうのは否めないのです。次にBのインターネット申込みに関してですが、これはパソコンやスマートフォン・携帯電話などから簡単に申込みが可能で、選択した自分の口座へとお金を振り込んでもらえるので、便利さでは圧倒的に勝っています。ただしその反面、常に銀行の営業時間という制約に縛られることになるため、咄嗟の対応力では他の申込みパターンに遅れを取っていると言わざるを得ません。また、自宅にカードや関係書類が郵送されるので、家族にバレるリスクが伴うのも注意する必要があります。

 

以上のように、AとBどちらにもはっきりとしたメリット・デメリットが存在しているのです。ですから、一番賢明な手段はAとBを併用し、双方のメリットを最大限活用することであると言えます。具体的には、インターネットから申込みを行った後、自動契約機へと赴いてカード発行を行うといった流れが理想的です。

 

この方法ならばインターネット申込みのメリットである、申込みの簡単さや審査中人目につかないというメリットを最大限活かせますし、自動契約機での待ち時間も最小限に抑えられます。銀行の営業時間という制約にも縛られることはありませんし、カードや書類の郵送によって家族にバレる心配もないのです。

 

ただし、当然各社ごとに申込みのパターンは異なっているため、すべての会社でこの方法が有効というわけではありません。あらかじめコールセンターなどに問い合わせ、確認することが大切なのです。

 

以上、3つの申込みパターンについて解説させていただきました。申込みの際には各パターンのメリット・デメリットをしっかりと理解し、最適なお借り入れを心がけてくださいね。

申し込みの前にキャッシングの種類の違いと金融機関を分析しよう

 

キャッシングを申し込む前に種類をきちんと把握

キャッシングと一言で言っても、サービスを提供している金融機関によって内容には違いがあります。キャッシングを申し込む前に、まずはそれらの違いをきちんと把握しておかなくてはなりません。

 

現在主なキャッシングの提供会社として挙げられるのは、銀行・銀行系消費者金融会社・信販会社の3つです。これらはそれぞれ異なる特性を持っています。

 

銀行のキャッシングの特徴

銀行は非常に安定した金融機関なので、銀行キャッシングも比較的安心して利用することができる商品であると言えます。銀行は資金力も強く、キャッシングの金利が他の金融機関に比べると低いのが特徴でしょう。近年はほとんどの銀行がキャッシングサービスを提供している為、利用の選択肢は非常に多くなっています。

 

銀行系消費者金融のキャッシングの特徴

銀行系消費者金融というのは、銀行の傘下になっている消費者金融のことです。経営母体が銀行である為比較的安泰なキャッシング会社だと言えますが、銀行キャッシングと銀行系キャッシングでは総量規制の点で大きな違いがあります。

 

信販会社のキャッシングの特徴

信販会社というのは、簡単に言うとクレジットカードを発行している会社です。近年では大手クレジットカード会社で比較的限度額が大きなキャッシングを提供しているケースも多くなり、キャッシング会社としての認知度も上がってきています。

 

各キャッシングサービスの違い

各キャッシングサービスは、それぞれの提供会社が異なることにより全く違う性質を持っています。その中で最も大きな違いとなっているのが総量規制です。総量規制は、貸金業者に対して利用者の年収の3分の1以上の金額の融資を禁止する法律です。貸金業者に対する法律である為、銀行は対象となっていません。銀行キャッシングと銀行系キャッシングは呼び名が非常に似ていますが、銀行系は総量規制の対象です。つまり、銀行以外のキャッシングを利用する場合、総量規制によって融資額が制限されてしまうというわけです。

 

総量規制の対象外ということで銀行キャッシングは緩やかだというイメージを持つかもしれませんが、上に挙げた3種類の金融機関の中で最も審査が厳しい傾向が強いのは銀行です。たとえ審査をパスしても、融資限度額はそれほど大きくならないケースも少なくありません。その為、上記の3種類のキャッシングでは、借りられる金額としてはそれほど大きな違いは発生しないと言えるでしょう。

 

それぞれのキャッシングの傾向をまとめてみます。

 

銀行キャッシング

審査傾向は厳しいものの、低金利で融資が受けやすい。ただしサービス内容はあまり充実していない場合が多い。

 

銀行系キャッシング

即日融資や無利息期間などのサービスが充実している。しかし銀行よりも全体的に金利が高い傾向がある。

 

信販系キャッシング

クレジットカードの付帯サービスとして提供されていることが多く、銀行・銀行系と比べると一段劣ると言える。

 

利便性やサービス内容を重視するなら、銀行か銀行系のキャッシングを利用するのがベストでしょう。ただし同時に複数のキャッシングに申し込んでしまうと申し込みブラックになってしまう可能性もあるので、まずは条件の良いキャッシングから1つずつ申し込んでいくことをお勧めします。

 

キャッシングの種類の違いとまとめ

キャッシングは主に銀行・銀行系消費者金融・信販会社の3種類の金融機関から提供されています。それぞれのキャッシングには異なるメリットとデメリットがあるので、状況に合わせてしっかり比較検討をし、自分に合ったキャッシングを選ぶようにしましょう。

キャッシングをはじめるときに気をつけたいポイント!

初めてキャッシングをされる方は、どうやってキャッシング先を選んだらよいか悩まれているかもしれません。キャッシング先を選ぶときには事前に確認しておきたいポイントがあります。ここでは初めてキャッシングをする時に、どうやってよい会社を選ぶかについてご説明します。

 

会社選びのポイント

キャッシングを提供している会社は最近では数多く、どの会社が一番よいのか選ぶのは簡単ではありません。ご自分のスタイルにあったキャッシング会社を選ぶには、個別個別のケースに合わせて条件を細かく比べなければ、基本的にはわかりません。ここでは、どんな方にとっても共通する、絶対にはずしたくない会社選びのポイントをご紹介します。

 

1つ目は、会社がよく知られた大きな会社であることです。最近では次々と新規で参入してきた業者多く、業者によっては顧客対応がしっかりしていなかったり、契約内容に問題があってもしっかりとして対応がされなかったりといった問題もあちらこちらで聞かれるようになってきました。一方で名前の知られた会社であれば安心ですし、問題のあるような契約は企業責任上そもそもしないことが期待できます。

 

2つ目は、契約の際に金利の情報、借入と返済の方法が明確に示されていることです。どの会社で契約する場合にも、この金利・借入返済方法は問題が起こりやすい点です。初めてのキャッシングの場合は特に、この3つの点がきちんと明示されているかを忘れずに確認したいです。

 

3つ目のポイントは、電話対応など顧客サービスがきちんとしていることです。初めてキャッシングする場合に限らず、契約上の疑問が生じたり、返済のトラブルを事前に防ぐためにも電話やメールなど、きちんとした顧客対応で評判の高い会社を選ぶのがおすすめです。キャッシングの際に生じる問題は個々のケースにたいする解決が必要ですので、電話などで担当者に相談できるようなサービスのよい会社を選びたいです。

 

最近では「即日融資」や「簡単キャッシング」などといった甘いフレーズで、気軽にキャッシングができるように誘いをかける業者増えています。こういった魅力的にオファーに魅かれ、肝心な条件をよく確認もせずに簡易にお金の借り入れをしているひとが多くみられますが、多くの場合、とくにキャッシング初心者に多く、借入後のトラブルを抱えてしまう人が増えているのが現状です。

 

契約をしてからいざ返済を始めてみると、思っていたより金利が高かったり、契約書に問題があった、問い合わせをしようにも連絡先がわからない、電話をかけても応対しないといったケースが業者によっては起こっています。

 

こういったトラブルが多いからこそ、会社を選ぶときには慎重に、上記にあげたようなポイントをしっかり確認することが必要です。

 

最後に

最後に忘れてはいけないポイントがあります。多数の会社を比較してやっとよい会社をみつけ、いよいよキャッシングをしようというときにも安心してはいけません。キャッシングには必ず、審査を通らなくてはいけません。お金の借り入れに際して審査を行わない会社はありません。

 

資金のやりくりに苦労している上に審査などといった面倒な手順は多くの人が嫌な気持ちになるものですが、審査をしているということはその本人にきちんと返済能力があるかどうか、信用調査をしているということです。逆に言えばこの審査さえ甘いような業者に限って、不当なビジネスを行っていることが多いです。

 

簡単に貸してくれる、金利が驚くほど低いなどといったうまみのある業者が現れた場合には、本当にその業者が信用できるのか、借りる側が確認をする必要があります。現在では貸金業者は金融庁による取り締まりが必須で、どの業者であっても他社の条件から大きく外れるような貸金業はできないのが現状です。それでも甘すぎるような条件を提示している会社は問題のある場合が疑われますので、とくに注意をすることがおすすめです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日