ブラックリスト入りすることの弊害とは?

ブラックリストについて教えてください

キャッシング業界でよく使用されることばのひとつにブラックリストがあります。ブラックリストに載ってるから、新規申込みを拒否された、こんな話もよく聞きます。ではこのブラックリストとは具体的に何を表しているのでしょうか。ブラックリストという言葉から想像されるのは、何か不始末を起こしたため、通常のユーザーとは分けて分類されたリスト、という感じではないでしょうか。

 

実際にはブラックリストという分類ファイルがあるわけではありません。通常ブラックリストと呼ばれているのは、信用情報機関に記録されている返済事故や借入および返済に関するトラブルのこと。借入に対する返済を行わなかったなど、なんらかの返済事故や金融事故を起こした場合に、この信用情報機関というところに、その情報が保管されてしまいます。

 

信用情報機関というのは、個々人の借入および返済に関する記録を保管する機関で、カードの審査の折にはこの信用情報機関に問い合わせが行われます。借入および返済、虚偽の内容を申告しての申込みなど、なんらかのトラブルがあった場合には、その記録が一定期間保管されます。

 

ブラックリストに記載されてしまう理由とは?

信用情報機関ではすべての借入・返済に関する記録が保管されています。借入と返済をきちんとこなしている場合にはまったく問題ありませんが、延滞を繰返す、完済を怠るといった場合には、金融事故として記載されてしまいます。もちろん事情があり、数日返済が遅れたという程度ではブラックリスト入りすることありませんが、度々の延滞はやはり次回以降の申込みの際に不利になります。延滞を繰返すというのは、審査でマイナスに働きますので注意しましょう。

 

一日の延滞でも延滞は延滞、その記録は残ってしまいますが、急な病気やなんらかの突発的な利用があり、一度返済が遅れたことがある、というのは問題にはなりません。延滞でブラックリストに載るのは、数ヶ月にもわたり特別な理由がないにも関わらず延滞をする人。どの程度延滞するとブラックとして認識されるかは、各キャッシング会社の判断によりますが、一般的には3ヵ月以上の延滞はまず間違いなくブラックリスト入りです。

 

借入をしたときには返済できると思ったけれども、その後どうしても返済が出来なくなった場合、多重債務を抱え自力では返済できない場合、このような場合は債務整理をして身辺をきれいにしなければなりません。債務整理を行った人は残念ですが、ブラックリスト入りになります。債務整理でも借入を整理することが出来ない人は、自己破産の手続きに進むことになります。自己破産に陥った人もやはりブラックリストに載ってしまいます。ここまでをまとめると、つまり延滞と返済不能がブラックリスト入りの原因といえるでしょう。

 

ブラックリスト入りする弊害とは?

ブラックリストに載っていると、キャッシングの申し込みをしたときに、審査ではねられることになります。キャッシング会社やクレジット会社の審査で問われのは、社会的な信用、返済能力、計画的に借入・返済を行うことの出来る能力であり、返済トラブルを起こした人はこれらの能力に欠けると判断されます。

 

ブラックリストに載っているけれど、当分キャッシングを利用する予定はないから構わない、そんなふうに思う人もいるようですが、これははなはだ甘い考えです。ブラックリストに載ってしまうと、キャッシングだけでなく、クレジットカード、銀行のローン、マイカーローン、住宅ローンなど、すべての借入を行えなくなります。少々の延滞くらい構わないだろう、と甘く考えずに、キャッシングを利用する際には計画的な借入と返済を心がけるようにしましょう。

 

ブラックリストに載るのは一定期間限定

いったんブラックリストに載ってしまうと、そのまま半永久的にその記録が保管されるのかというと、そういうわけではありません。返済事故などは5年間が経過するとその記録は消去されますので、ご心配には及びません。ただしその五年間は新規の借入は出来ないと覚悟しておかなければなりません。現在国内には3社の信用情報機関がありますが、この規則は三つともに共通しています。

 

5年間という保管期間ですが、間違いのないよう念のため説明すると、これはあくまでも延滞状態をストップし返済を済ませてからの期間ですので、延滞を引き延ばしている限り、ブラックリストから解除されることはありません。債務整理に関しても同様で、債務整理が終了してきれいになってからの五年間ということになります。

 

多重債務を抱え、返済の見通しが立たない方は、出来る早めに債務整理の手続きを取るようにしないと、ブラックリストの載っている状態が延々と続いてしまいます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日