金額の目安は、年収の3分の1が上限

キャッシングには借り入れの限度額があります。その限度額は何を基準に決めるのでしょうか。

 

借りる時はお金が必要なので、出来るだけ多く借りたいと希望される方もいるかもしれません。しかし、お金を借りるからには当然返済があります。

 

きちんと返済をするには、しっかりとした返済計画を立てる事が大切です。また、貸す方も返済能力以上に貸す事がないよう、貸し付け限度額を設けています。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

限度額はどのように決められるのか

それにはまず借主の返済の能力を判断する為の審査があります。

 

借りられる金額の目安は、年収の3分の1が上限

審査の際に、収入証明書の提出を求められる場合がほとんどです。この先返済を続けていけるだけの収入が、安定してあるかどうかは重要な判断材料になります。ここでポイントになるのは、収入の多さではなく安定した収入があるかどうかなので、アルバイトであっても審査を申し込む事が可能です。

 

個人の信用情報の照会

キャッシングの会社は、信用情報機関に個人のクレジットカードやローンの利用状況を照会します。延滞などの事故情報は、すべてここで確認する事が出来ますので、何もなければ審査に特に問題はありません。事故情報は一定の期間履歴が残るので、過去に返済が滞った事などがあれば、先方は把握する事が可能です。

 

限度額は利用者を守る

キャッシング会社も、お金を貸すからには、返してもらわなければなりません。しっかりと審査をして、返済可能と判断された額が限度額となります。年収の3分の1という範囲は法律で定められています。つまり、年収300万円の人が100円までを借りる事が出来ます。

 

限度額があると、利用者も借り過ぎを防ぐ事ができます。返せるだけの根拠があるから貸してくれたのです。もし、返せるあてもないのに借金を重ねてしまったら、生活は破たんします。利用者の生活を守る為にも、限度額の設定はとても重要なポイントと言えます。

 

返済は計画的に

よく言われている事ですが、返済は計画的に行いましょう。人それぞれ生活にかかる金額は違いますので、限度額以内なら大丈夫と安心しすぎては危険です。毎月の生活費をよく計算して、月々の返済がいくらまで可能かをよく確認ましょう。

 

あまり限度額ギリギリに借りてしまうと返済が苦しくなってしまうので、自分に与えられた限度額には理由がある事を理解し、余裕をもった借り入れをするのが理想です。キャッシングの限度額は最初はだれでも上限が低く設定されます。

 

その後、決められた日にきちんと返すように繰り返し、返済の実績を積み重ねていくと、利用限度額を引き上げる事が可能になります。ですが、そのお金はあくまでも一時的に借りるものです。最終的に全てを返済できるかどうかをよく考えて申込額を決めましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日