キャシング利用をする際には、収入証明書の提示が求められる場合がある

キャシング利用をする際には、収入証明書の提示が求められる場合があります。借入をするときは、手元にあらかじめ必要書類を用意しておくといいでしょう。

 

収入を証明する書類にはどんなものがある?

借入をする際、(前年度の)収入を証明する書類の提示が求められることがあります。では、収入証明書(所得証明書)の提示が求められた場合、一体どのような書類を提示すればいいのでしょうか。

 

収入証明書として利用可能な書類を下記にラインアップしました。

 

これもチェック!
収入がない主婦はキャッシング出来ない?

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

収入証明書として使える書類

 

源泉徴収票

前年度1年間(1月1日から12月31日まで)に支払われた給与等の支払金額(いわゆる“年収”)や所得税の源泉徴収税額が記された書類。

 

確定申告書

個人事業者などの場合は、この確定申告書類を収入証明書として利用できる。

 

住民税の証明書

課税状況の確認ができる「課税(非課税)証明書」、課税および納税状況が確認できる「納税証明書」がある。

 

収入証明書を提出するように求められた場合には、上記のなかから1つを選んで用意すれば大丈夫です。

 

収入証明書の入手方法は?

では、上記でご紹介した証明書は、どこで手に入れることができるのでしょうか。これについては、書類ごとに申請先が違ってくるため気をつけてください。

 

「源泉徴収票」の場合

この書類は勤務先の会社から発行されるものですから勤務先に問い合わせましょう(再発行してもらうこともできます)。

 

確定申告書(確定申告書控え)の場合

個人で保管しているものを提示しましょう。

 

住民税の証明書の場合

住んでいる市区町村の役所に問い合わせましょう(発行にあたっては手数料がかかります)。役所の場合、早い時間に閉まってしまったり手続きに時間がかかったりすることがありますから、ゆとりをもって早くに問い合わせをするといいですね。

 

なお、収入証明書の提示が求められた際には、源泉徴収票またが確定申告の控えを利用する方が多いようです。ただし、「どちらもない」「会社に書類申請をしたくない」などといったときには、役所で証明書を発行してもらうのが手っ取り早いでしょう。

 

  • 借入に際して収入証明書が必要なことがある
  • 基本的に求められるのは昨年度分の収入証明
  • あらかじめ借入前に必要書類を揃えておこう

 

さいごに

「いざ借入をしようとしたら、必要書類が手元に揃っておらずスムーズに借入できなかった」という話をよく耳にします。ですから借入をしようと思った際には、HPなどで借入時に提出が求められる書類を確認し、あらかじめ必要なものを揃えたうえで借入申請を行うようにすると良いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日