24時間受付であって24時間振込みではない

キャッシングの受付時間に関する知識をご説明致します。

 

24時間受付でも24時間振込というわけではない

キャッシングでよく目にするのが『24時間受付』という文面。これだけ読むと、まるで24時間いつでも振り込んでくれるように勘違いしがちですが、それは大きな間違いです。確かに受付自体は24時間行ってくれるのですが、振込はそうもいきません。なぜならば、銀行の振込時間という大きな制約があるからです。多くの場合、銀行の振込可能時間は9時から15時までで、それ以降は翌営業日の振込予約となってしまいます。そのため、銀行の振込可能時間外に申し込みをした場合、振り込み処理は翌営業日に銀行が開いて以降ということになるのです。

 

また、24時間受付の業者だからといって、店頭やATMでの受付まで24時間行っているわけではない点にも注意です。これには防犯面や様々なコスト面の問題が関わっています。24時間店舗を営業したり、ATMを稼働させることは困難なのです。どうしても深夜に受付をする必要が生じた場合は、電話やインターネットからの申込みを活用するようにしましょう。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

受付時間を過ぎてしまわないために心がけるべきこと

前述のとおり、銀行の振込可能時間である15時を過ぎて申し込みをした場合、実際の入金は翌営業日以降ということになってしまいます。上手くすれば今日手に入っていたはずのお金が手に入らなくなってしまうわけですから、これは非常に痛手であると言わざるを得ません。家賃や光熱費、ローンの支払いなどに当てるはずだった場合、それが遅延するわけですから当然信用を失なってしまいます。今日お金があればモノにできていたであろうチャンスを、たった一日の違いで失ってしまうこともあるのです。こうした事態に陥らないよう、受付時間や振込可能時間はきちんと意識する必要があるのです。

 

それには事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。いざというときに備えて、目ぼしいキャッシング業者の受付時間と、金融機関の振込可能時間をあらかじめ把握しておくと良いでしょう。こうすることで、本番で焦ることなく時間的にも精神的にも余裕を持ってキャッシングをすることが可能となり、翌営業日に入金されてしまうという事態を避けることができます。

 

受付時間だけではなく、審査にかかる時間も下調べをしておく必要があります。審査時間は業者によって異なります。30分で済むところもあれば、1時間、2時間必要なところもあります。そのため、振込可能時間ギリギリに申込をした場合、審査時間によっては当日の入金が不可能になってしまう可能性もあるのです。受付時間と審査時間の両方を意識して、振込可能時間に間に合うように申し込みをするようにしましょう。お金というものは突然必要になるのが常ですから、今は大丈夫と思っていてもいずれキャッシングのお世話になることがあるかもしれません。そういった時に狼狽しないよう、各キャッシング業者の情報はきちんとチェックしておきましょう。

 

まとめ

 

  • 24時間受付と24時間振込は違う
  • 銀行の振込可能時間外の申し込みの場合、入金は翌営業日以降
  • 店舗やATMは24時間開いていない。電話やネットで申し込みを
  • 急な申し込みで焦らないよう、受付時間や審査時間の下調べが大切

 

キャッシングの受付時間に関する知識をご説明させていただきました。以上の点をしっかりと理解し、賢く計画的なキャッシングを行ってください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日